離婚までの基本的な流れはどうなっているの?

双方に離婚の意志があり、その他の条件もまとまっている場合はお互いにサインをした離婚届を役所に提出すれば、簡単に離婚は成立します。
しかし、この様に簡単に離婚が成立するケースは稀となるでしょう。一般的な離婚までの流れは以下の通りです。
双方離婚には同意している場合は、慰謝料・親権・養育費・財産分与など様々な取り決めを話し合いにより決めていきます。離婚理由によっては、慰謝料が発生しないケースもありますし、子供がいなければ親権や養育費についての話し合いも必要ありませんね。
夫婦間の話し合いでまとまれば、そのまま離婚へと進みますが、話し合いがまとまらなかったり一方が離婚を拒否している場合は調停離婚へと進むのが普通です。
調停離婚とは、裁判の事ではありません。夫婦間では話し合いがまとまらないので、調停員を交えて離婚についての協議を行うというものです。
簡単にいってしまえば、調停員という第三者が間に入って離婚についての話し合いを行います。ここだという妥協点がみつかり、お互いに納得した場合は条件を離婚協議書や公正証書として残し、離婚届けを提出すれば離婚が成立します。
しかし、離婚調停でも話し合いが決裂するケースもあります。すると今度は調停から離婚裁判へと進む事になるのです。
ただし一般の場合、離婚裁判にまで進展する事は全体の数パーセントで、その多くは調停で離婚が成立するものです。
離婚裁判となると、数年の時間がかかり財力も労力も調停の比ではありません。多くは弁護士を雇う必要もあるため、通常は調停で成立するものなんですね。
ですが、調停と違い裁判での決定は絶対ですから、中には裁判を起こしてでも納得のいく条件で離婚をしたいという人もいるのです。
しかし、離婚裁判裁判でも納得のいく判決ではない場合、控訴する事が可能です。1審、2審と控訴可能ですが、最高裁での判決が最終決定となります。
ですから、離婚の流れとしては、夫婦間での話し合いが無理なら離婚調停へ。それでも決裂した場合は、離婚裁判へと進み、どんなにこじれても最高裁で判決が出される事になります。
裁判にまでもつれこむと、それこそ5年以上の年月を費やしたという人もいるのです。
このようにどの段階で離婚が成立するかによっても、流れやかかる期間、費用も大きく異なるのが離婚の特徴なのです。