離婚後の子供の戸籍(子供が成人していた場合)

離婚する際、子供が未成年の場合は、親権を持つほうが戸籍を移したりと言った手続きをすることになりますが、子供が成人しており、かつ婚姻等により両親の戸籍に入っている場合は、子供自身が戸籍を移す手続きをすることになります。
基本的に子供の戸籍は移動することなく、そのまま残ります。
離婚によって戸籍から出ていく方の親の戸籍に入りたいという場合にのみ、戸籍を移す手続きを必要とします。
戸籍を移すためには、裁判所で手続きを行います。
現戸籍などの資料が必要になるため、事前に必要書類や本人確認書類などを確認した上で、すべてを揃えて裁判所に向かいます。
(必要書類に不備不足があった場合は一切の手続きを行うことができず、改めて書類を揃えて出向かなければなりません。)
普通に生活している上では戸籍をどこに置くかということがそれほど重要になることは多くはありません。
しかし、実生活や心情的なものにより、戸籍を離れる親の方の戸籍に子供の戸籍も移したいという場合が往々にしてあります。
とくに問題ないだろうと戸籍の移動に関して子供に伝えないままでいると、あるとき突然困ってしまった!ということがあるため、両親の離婚によって戸籍がどうなるのか、ということは、成人した子供であってもきちんと伝える必要があり、本人の意志に従って手続きを必要とする場合は本人自らが行うよう伝えてあげなければなりません。
様々な問題により離婚という選択肢を取る夫婦は、昨今では少なくありません。
ただ、周りに与える影響も多く、とくに親族、子供への影響は大きなものです。
未成年・成人に関わらず、離婚が決定した場合は子供がすべきことについてもきちんと理解し、必要な手続き等をきちんと知らせる必要があるということを忘れてはいけません。